04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

超人類組織 

今回は超人類についてと、二つの超人類組織について説明します。

  超人類とは
 超人類とはその名のとおり、通常の人類をさまざまな面で超えた能力を持つ人類である。
 超人類誕生から数百年前、人間に関することを研究しているある科学者が驚きの発言をした。
 「人類には希望がある。人類はまだ進化の途中である。あと数百年ほどすれば、人類を超えた人類である超人類が誕生するだろう。」
 この発言は世界中で話題になり、他の科学者も超人類について詳しく研究するようになった。

 そしてその数百年後、ついに超人類の兄弟が誕生した。
 名前は兄がアマテラス・バルツァー、弟がアルバート・バルツァーである。
 彼らはごく普通に育てられていたが、3歳になると、通常では考えられない頭脳の成長を見せた。
 その後、小学校に入学してからは頭脳だけでなく運動能力も常識離れした成長を見せた。
 やがて、彼らの両親は不思議に思い、研究所に検査を依頼した。
 しばらくして出た検査結果を見て、科学者たちは唖然とした。
 この結果を見た科学者のほぼ全員が、彼らは超人類だと断言した。
 
 彼らはその後も順調に成長し、二十代になった頃、各地では超人類に対する迫害が激化していた。
 彼らもその標的になり、宇宙へと逃亡する。他の超人類も宇宙に逃げ、月面都市でひっそりと暮らしていた。
 さらに迫害は激化し、月面都市にもその手が近づいていた。
 そこで彼らは決断した。「逃げよう。もっと遠くへ。僕らだけで暮らせるところへ。」
 月面都市の宇宙連絡船数十隻を奪取し、彼らは火星よりさらに先、小惑星帯へ向かった。
 開発途中で中止された小惑星「ケレス」に到着し、彼らは開発を進めた。
 
 ケレスの開発が完了し、本格的な生活が開始される。
 しかし、ここで二つの意見に分かれる。
 ここにとどまって地球に帰れる日を待とう。
 さらに先を目指して超人類だけで暮らそう。
 この二つの意見に分かれたのだ。
 バルツァー兄弟も二つの意見に別れ、兄のアマテラスはケレスにとどまる派、弟のアルバートは先を目指す派となった。
 先を目指す派はアルバートをリーダーにして、ある日ケレスを旅立った。(アルバート派)
 ケレスにとどまる派もアマテラスをリーダーにして、さらに結束を深めていった。(アマテラス派)
 アルバート派は小惑星を改造して母船「エターナル」を作り上げた。
 
 しかし、地球は地球外生命体の侵略を受けていた。敵は大型惑星都市「ネメシス」を使い、攻勢を強めていった。
 ここで遂にアルバート派が名乗りを上げた。母船「エターナル」を地球圏に移動させ、地球側の援護を開始した。
 アルバートの決断により、「エターナル」は「ネメシス」に激突。戦いは終結した。
 
 世界革命により、地球圏の国家は再編成され、新しいスタートがきられた。
 そんな中で発生した太陽フレア。地球圏は再び混乱し始めた。
 被害が特に激しかった地域に本部を置く国連は混乱から暴走し、被害を免れた地下国家「ネルティア」の資源を求め、遂に戦いが始まる。
 この状況に便乗し、超人類組織「アマテラス」が自由を求めて地球側に宣戦布告。
 これを見たアルバート派の超人類組織「エターナル」は賭けに出た。
 地球で最後まで戦争を止めようとしたグラードル合衆国と同盟を結び、戦いを止める計画を発動した。
 「オペレーション・ジェネシス」
 これがその名前である。
 遂に超人類までもが戦いに介入を始めたのである・・・。

  ダブルオーの一言
 前回ちょっと登場した超人類の説明です。
 つまり、アマテラス率いる超人類組織「アマテラス」(そのままだな)が太陽フレアの事件に便乗して地球側に宣戦布告、アルバート率いる「エターナル」が地球圏の戦いを止めようって感じです。
 まず名前に「アマテラス」ってつく人いませんよね。

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

コスモ・グラードル合衆国 

設定です。
今度は宇宙国家です。
 
 国名 コスモ・グラードル合衆国
 領土 木星・木星近辺のスペースコロニー約20基
 面積 不明(宇宙だと体積で表すのかな?)
 人口 うじゃうじゃ
 言語 英語

今度はグラードル合衆国の宇宙版です。
ただ単にグラードル合衆国を宇宙に移植しただけって感じかな。
じゃあ説明行きます。

 世界革命により、各国が解散されると同時に宇宙開発も進められていった。開発の対象は火星と木星である。
 国連の指示により、火星はネルティア国、木星はグラードル合衆国主体で開発が進められていくことになった。
 グラードル合衆国宇宙開発省は大規模な木星開発委員会を立ち上げ、本腰を入れて開発を進めていった。
 木星と同時に木星近辺の開発も行われ、大型のスペースコロニーの建造も行われていった。
 その頃、グラードル合衆国は地球と木星の両方を管理することは不可能と判断し、木星近辺を統治する新国家の設立を提案する。国連はそれを承認し、新国家「コスモ・グラードル合衆国」が誕生した。
 世界暦12年 ついに木星開発の第一歩となる都市開発が開始された。地球の人々は移住を開始し、次々に木星やその近辺のコロニーに移住していった。
 さらにその一年後、コスモ・グラードル合衆国は超人類組織「エターナル」とも手を組み、さらに開発を加速していった。
 地球外生命体による侵略にも備えられ、木星宙域には数百機の衛星兵器が建造された。
 そして、世界暦14年8月22日 太陽フレアの電磁波や放射線が木星圏にも到達する恐れが出た。一時、コスモ・グラードル合衆国の全国民に避難勧告が出され、国は一瞬にしてパニックに陥る。
 なんとか避難は完了したが、太陽フレアの影響で地球と通信ができない状態が数週間続き、さらに物資を運ぶ宇宙輸送船も運休が続き、国家壊滅の危機を迎える。
 ようやく地球との通信が回復し、宇宙輸送船も運航を開始した。だが、国の経済は大打撃を受け、もはや木星開発が進められる状況ではなかった。
 そんなとき、超人類組織「エターナル」が、木星の地下深くから新発見の物質を発見した。
 後に「ジュピトリウム」と呼ばれる物質は、強度こそ並だが、耐熱、耐酸、耐ビーム性能が高く、放射線すら止めてしまう驚異的な物質で、地球に売り込むことにより国の経済を立て直そうという意見が多く出された。
 予想どおり地球では高値で取引され、コスモ・グラードル合衆国の経済は復活し、大きな繁栄を手にすることができた。
 しかし、地球上では国連が暴走し、新たな戦いが始まろうとしていた・・・。

  ダブルオーの一言
 このストーリーはフィクションです。(笑)
 木星です。あんなガスだらけの星にどうやって住むんでしょうか。
 「ジュピトリウム」とは、木星(Jupiter)で取れたからジュピトリウムなんです。
 主な用途は、工場の設備だったり兵器だったりです。
 次は超人類組織「エターナル」ともうひとつの超人類組織「アマテラス」について書くと思います。

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

グラードル合衆国 

またまた設定です。
今度はレゴ世界で僕が管理?している国です。

 国名 グラードル合衆国
 領土(地球) 現在の北米大陸・南米大陸・グリーンランド
 領土(宇宙) コスモサイドベース(現在の宇宙ステーション)・月面
 面積 44505600km2
 人口 うじゃうじゃ
 言語 英語

まあこんな感じです。世界革命によって各国家が解散され、あのへんの国々が(ついでに宇宙も)統一された国家です。文化としてはアメリカに近いです。面積が異常に広いですが、太陽を領土って言ってるとある人よりマシです。
現在は月や惑星を国が保有することは禁じられていますが、世界革命のときにその法律は廃止されました。

じゃあいよいよ長ったらしい説明のスタートです。

  歴史
 世界革命が起こり、各国が解体され始めた。それは南北アメリカ大陸も例外ではなく、経済大国アメリカも解体されることになった。しかし、この地域の国家再編成のときの指揮権はアメリカに委ねられた。
 解体が終了し、アメリカ主体で南北アメリカ大陸、そしてグリーンランドの再編成は進められていった。
 やがて、この地域は完全に統一され、新国家「グラードル合衆国」ができた。初代大統領はグラードルという人で、その人の名をとって国名は決定した。
 グラードル合衆国は侵略者が残していった高い科学力を応用し、復興を進めていった。
 同時に、二度とあのような悲劇を起こさないように、国連の許可を得て軍備の増強を始めた。
 その後も、ニュージーランドやソロモン諸島を統一したオーストラリアと同盟を結び、大戦前を超える繁栄を手にしていった。
 そして、運命の世界暦14年8月22日
 (ここからはその日のテレビのニュースっぽく書きます)
 8月22日午前10時06分
 「今入ったニュースです。太陽から非常に高いエネルギー反応を検出しました。グラードル宇宙研究所によりますと、太陽フレアが発生した可能性が高いということです。」
 「もう一度お伝えします。午前10時06分に、太陽から非常に高いエネルギー反応を検出しました。太陽フレアが発生した可能性が高いということです。」
 「続報です。グラードル宇宙研究所が太陽フレアの発生を確認ました。数分後に大量の電磁波が到達するため、コスモサイドベースに避難勧告が発表されました。」
 (ここから、同じような内容の報道が何回か流される)
 「あっ、電磁波が地球圏に到達しました。・・・グラードル宇宙研究所によると、東アジア地区に直撃したようです。」
 (そして、その数分後)
 「電磁波により電波障害がおこり、携帯電話などの通信機器が使用できない状態です。落ち着いて対応してください。」
 (同じような報道が数日続いた)
 世界暦14年8月24日
 「最新情報です。太陽フレアによる高エネルギー荷電粒子が地球に到達しました。現在、東アジア地区では大停電が発生したようです。グラードルシティでもオーロラを観測しました。」
 (ここでニュース風に書くのは終わりです)
 太陽フレアにより、東アジア地区では停電が起こり、大混乱が生じた。その影響で国連も混乱し、正常な機能を果たせなくなっていた。停電の問題から戦争へと発展し、世界はまたもや炎に包まれようとした。
 「なんとしても止めなくてはならない。再生した世界、再び焼くことは許されない。我がグラードル軍は、この戦いという行為に対して戦うことを宣言する!」
 これが国防長官の言葉だった。
 戦いに対しての戦い、それは両勢力を相手にすることを意味していた・・・。

  ダブルオーの一言
 このストーリーはフィクションです。(笑)
 疲れたー。長かったー。なんか最後のほう小説っぽくなってますね。いっそのこと小説始めちゃおうかな。 
 太陽フレアとか書いてますが、別にに詳しいわけではないので変なところがあるかもしれませんが許してください。
 文章ばっかですいません。明日にはレゴ公開します。
 

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

設定 その他 

昨日書ききれなかった分の設定を書いておきます。

  MTUとは
 レゴ作品集の機体説明でよく出てくる「MTU」とは何かを説明しておきます。
 MTUとは、Mobile Tactical Unit のの頭文字をとって作った言葉です。
 日本語にすると、戦術機動兵器って感じです。
 ガンダムだとモビルスーツみたいな、一般的には戦闘用ロボットと呼ばれるものです。
 結構簡単そうに思えますが、MTUにも基準があり、その基準を満たさなければMTUとは認められません。
 では、その基準を紹介していきます。

  ・足があり、人型であること
  ・空中戦闘が可能であること(追加パーツをつけることで飛行可能になる場合、MTUには含めない)
  ・宇宙戦闘が可能であること
  ・戦闘用であること
  ・全高6m以上12m以内であること

 この五つです。この五つの基準すべてを満たせばMTUと認定されます。
 以前紹介したGX-Fという機体がこの基準を満たしているか確認してみましょう。
                     GX-F
 これがGX-Fです。足があり、人型であるため、一つ目の基準は満たしています。
 次の基準は、「空中戦闘が可能であること」です。GX-Fは、各所にスラスターが配置されていて、軽量化もされているため、単独で飛行し、十分に戦闘が行えます。
 三つ目の基準は「宇宙戦闘が可能であること」です。本来、この機体は宇宙軍の主力機として開発されたため、当然ながら宇宙戦闘は可能です。
 四つ目は「戦闘用であること」です。GX-Fは、言うまでも無く武装しており、戦闘用です。
 最後は「全高6m以上12m以内であること」です。GX-Fの全高は6・6mなので、この基準も満たしています。
 よって、GX-Fはすべての基準を満たしているため、MTUとして認定されいます。

 じゃあ今度はウニラが作った機体「ジュネス」を勝手に鑑定します。
 「足があり、人型であること」 まあ見た目からして人型です。
 「空中戦闘が可能であること」 聞いた話によると「ジュネス」も飛行できるらしいです。
 「宇宙戦闘が可能であること」 多分できます。
 「戦闘用であること」 言うまでも無く。
 「全高6m以上12m以内であること」 うーん、おしい。「ジュネス」の全高は15mなのでこれだけ満たせません。
 「ジュネス」はこんな感じです。
 ここでひとつ補足です。ブレイズガンナーの発展型「ブレイズガンナーⅡ」(数日後に公開します)も基準をひとつ満たせていません。
 このように基準をひとつだけ満たせていない場合、MTUの下級クラスの「B級MTU」という位になります。
 外国の機体でも基準を満たしていればグラードル軍ではMTUやB級MTUと呼ばれます。
 
 B級MTUという位はどのようにできたか説明します。
 簡単に説明すると、ブレイズガンナーⅡを作った会社が(強引に)作ったのです。
 高い性能を持つMTUの開発を求めているグラードル合衆国軍に対し、高い評価を受けたブレイズガンナーの発展型を売り込もうとしたこの会社のライバル会社は「ブレイザー」を開発した会社です。
 ブレイザーとブレイズガンナーⅡで採用試験を行うことになりました。ブレイザーは五つの基準を満たしたMTU、ブレイザーは基準をひとつだけ満たせなかった機体です。
 MTUを欲しがっていたグラードル軍はブレイザーを支持していました。
 そこで、ブレイズガンナーⅡの会社がブレイザーに対抗するためにB級MTUという位を作りました。
 
 結局、ブレイザーは宇宙軍、ブレイズガンナーⅡは陸軍に採用されるという結果になりました。
 その後も、水中戦用など、さまざまなB級MTUが作られることとなりました。

  ダブルオーの一言
 まーた長くなっちゃった。まあいっか。次はグラードル合衆国について書きます。

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

レゴ世界の設定 

どうでもいいことですが、僕たちののなかでのレゴ世界の設定を説明しておきます。
レゴ作品集の機体説明もこの設定を基準にしています。

 西暦????年 平和な地球は、突如として地球外生命体の侵略を受けることになった。国連軍は必死の抵抗を試みるも、相手の圧倒的な科学力と軍事力によって、じょじょに地球側は追い詰められることとなった。
しかし、危機感を感じた各国、さらには今まで敵対していた国々までもが手を取り合い、地球外生命体への抵抗の準備を開始した。その後各国は国連軍を中心に連合軍を編成し、本格的な抵抗を開始。戦局は少しずつ地球側に傾き、ついに一人の空軍パイロットが敵母艦の破壊に成功した。こうして、「第一次防衛戦争」と呼ばれた、人類初の地球外生命体とのコンタクトは終わった。

 こうして地球は平和を取り戻したかに思えたが、その6年後に再び地球外生命体は地球侵略を開始した。さらに、今回の地球外生命体の軍隊は前大戦の4倍以上に増加していた。地球は再び壊滅の炎に包まれようとしていた。ついには国連軍も壊滅状態になり、各国の連合軍の被害もかなりのものであった。さらに敵は月ほどの大きさを持つ大型惑星都市「ネメシス」を地球圏に移動させ、更なる侵略を進めていった。人類文明の壊滅は時間の問題だ、そう思われたとき、ある博士が出現を予言した「人類を超えた人類」が名乗りをあげた。後に「超人類」と呼ばれることとなる彼らは人類を超えた技術力駆使し、地球外生命体の兵器に勝るとも劣らない兵器で抵抗を始めた。ついに、地球圏のすべての残存兵力と地球外生命体の最終決戦が衛星軌道上で始まった。超人類集団「エターナル」は、活動拠点である小惑星基地「エターナル」を「ネメシス」に激突させ、後に「第二次防衛戦争」と呼ばれる戦いのすべてを終わらせた。「エターナル」の自爆により、地球外生命体の切り札「ネメシス」を粉砕したのだ。地球外生命体の兵器はその直後、戦闘を停止し、次々に自爆していった・・・。

 ほぼ廃墟化した地球では、国家の再編成が行われていた。今までの国家を解体し、新たな統一世界を作ろうというのだ。同時に国連(国際連合)も解体され、より高度な組織である「国際連邦」が編成された。国際連邦(以下国連)の本部は中国の北京に置かれ、文明の復興の中心となった。

 それから12年後、文明の建て直しがほぼ完了し、新たに編成された各国家の政治も安定したため、最後に西暦を廃止し、世界暦に改暦し、この「世界革命」は終了を迎えた。

 その後、超人類組織「エターナル」は木星近辺に滞在し、地球圏の監視役となった。

 世界暦14年8月22日 太陽フレアによる太陽風が地球に到達。主に東アジア地区に甚大な被害が出た。経済発展が著しいこのエリアに被害が出たことで世界は混乱し、さらに送電系統に大ダメージを与え深刻なエネルギー不足に陥る。また、その影響で混乱し、暴走し始めた国連によって、世界は戦いの炎に包まれようとしていた・・・。


  ダブルオーの一言
 このストーリーはフィクションです。(笑)
 あー長かった。書くのに一時間はかかったぞ。まあ我ながらなかなかだと思います。文はあまり上手じゃないかもしれませんが。ウニラの「レゴバカ」でもこれを基準にして説明書いているのでとりあえずこの設定で行きます。

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。