04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

第二十一話 突破への道 

  第二十一話 突破への道
 先ほど発進させた無人偵察機の位置を示す点がレーダーに表示されている。
  「あと少しですね。」
 その偵察機は、スーパーノヴァ周辺の偵察に当たっていた。
  「決戦だな。兄貴との。」
 アルバートが、かすかに見えるスーパーノヴァのシルエットを見つめながら言った。
 だが、そこで何かに気付いたようだ。
  「光?」
 無数のビームの光がスーパーノヴァ周辺に走り、ひとつの小さな爆発が起こる。
  「あっ、偵察機の反応が消えました!」
 フェリナの言うとおり、さっきまでレーダーに映っていた無人機を示す点が消え、変わりに「LOST」という文字が表示されている。
  「迎撃部隊がいる位置からかなり離れているはずだが・・・。」
  「光学スコープで視認してみます。」

  「アマテラス様、砲撃衛星郡が敵の無人偵察機を撃墜しました。」
  「完璧だな。ここの防衛網は。」
 スーパーノヴァの司令室で、アマテラス・バルツァーとその副官が話していた。
  「ゼウス級大型空母は?」
  「あと少しで、防衛部隊と接触します。」
 エスペランサとの砲撃戦を経て、ニュージーランドから宇宙へ出たアマテラスの大型空母”ゼウス級大型空母”はスーパーノヴァの防衛部隊と合流し、スーパーノヴァ防衛の要となる存在である。
 数百機のMTUを搭載することができ、まさに動く要塞といったところだろう。
 
  「これは・・・敵の砲撃衛星がスーパーノヴァの周囲を覆うように展開しています。」
  「近づいたらビームの豪雨にさらされるか。」
  『こちらにひとつ、打開できる方法がある。』
 国連艦隊からだ。
  『”ヘルシャーク”型ミサイルを改造し、プラズマではなく電磁パルスを放出するミサイルを所持している。弾数は一発しかないが、成功すれば衛星郡を麻痺させることが出来るかもしれない。』
  「なるほど。すぐに実行に移そう。」

 スーパーノヴァの副官が、レーダーを見ながら叫んだ。
  「敵艦隊、侵攻を止めません。」
  「何だと、近づいたら無数のビームを浴びるだけだというのに。」
  「エスペランサを最前列に出し、V字隊形で侵攻してきます。」
  「まさか・・・衛星を攻撃しようというのか!防衛部隊を出せ。」

  「敵部隊接近。かなりの数です。」
  「各MTU出せ。私も出る!」
  「えっ、艦長自ら?」
 フェリナは驚きの表情でアルバートを見つめる。
  「ライナスに渡すはずだった”あれ”があるだろう。」
  「”クリーヴァ”ですか?」
 アルバートは黙ってうなずく。

 RMT-850 クリーヴァ
 グラードルがライザーアークを開発した際に出た余剰パーツをエスペランサが受け取り、艦内で設計し、組み立てられた機体である。
 グラードルの技術とエターナルの技術の両方が生かされ、イクシードを凌駕する性能を持つといわれる。
 武装は、ビームマシンガン、大型ナイフ、誘導式高出力エネルギー砲、肩部ビームバルカン砲、バックパックのミサイルである。

  『艦長、本当に大丈夫なんですか?』
  「私だって、若い頃はMTU乗りだった。エスペランサを守ることぐらい!」
  『わかりました。カタパルトデッキに移動します。』
 クリーヴァはカタパルトに接続し、発進を待っていた。
  「アルバート・バルツァー、クリーヴァ発進!」
 クリーヴァが勢いよく発進する。
 続いて、他の機体も発進する。

  「グレンデル隊、発進しました。20秒後に会敵します。」
 アマテラスの副官が告げる。
  「・・・なんとしてでも、スーパーノヴァの区域に侵入させるなよ。」

  「ライナスさんがいなくても!」
 ルディはストライクイクシードを駆り、グレンデルを真っ二つにした。

  「なんか動きがおかしい・・・。」
 コアトルを駆るトルカが愛機の異変に気付いた。
 トルカの操作にうまく反応せず、100%の性能が出せない。
 その時、グレンデルが放ったマシンガンの数発がコアトルに直撃する。
  「うわぁ。」
 コアトルは大きく体勢を崩し、宇宙空間を回転しながら漂った。
 さらに、コアトルに新たな異変が襲う。
 メインモニターから映像が消え、トルカの操作にもまったく応じなくなる。
  「どうしたんだ、コアトル!」
 その代わりに、大きな衝撃が走り、勝手に動き始めた。
 トルカの頭に、コアトルを託されたときの言葉がよぎる。
  「この機体は、人造生物を半分機械化させたものだから、いつか暴走を始めるかもしれない。」
 その言葉通り、暴走を始めている。
 コアトルの目が怪しく光り、敵を捕捉すると一気に加速した。
 グレンデルをつかみ、ビームクローで八つ裂きにする。
 その後、次の一機もバラバラに砕き、他の機体も残酷な方法で破壊する。

  「何だあの戦い方は!」
 アルバートはコアトルの異変に気付く。
  「暴走したのか?」
  『今は時間がありません。』
 ミランダの声だった。
  『コアトルを前線に出し、この区域を突破しましょう。』
  「・・・ああ。」

 その後もコアトルは暴走を続け、次々に敵機を粉砕していった。
 艦隊は着々と前進し、EMP(電磁パルス)弾頭の発射位置に到着した。
 国連のミサイル艦が抱えていた大きなミサイルが発射され、砲撃衛星郡の中枢で爆発する。
 一瞬の閃光が辺りを覆い、衛星郡は動きを止める。
  「成功だ。衛星郡は電磁パルスによって麻痺した。衛星宙域を突破するぞ!」
 アルバートの声と共に艦隊は前進し、最終決戦の場所、スーパーノヴァに向かっていった。


  次回予告
 スーパーノヴァ攻略戦です。
 まだちゃんと決まってません。
 多分次回かその次が最終回だと思います。

  ダブルオーの一言
 この話はネタに迷ったんだよなぁ・・・。
 コアトルの暴走ネタを温存しておいて良かった。
 今回はルディの活躍は少なめです。
 そういえば最近、シヴァの出番も少ないような・・・。
 もう少しで最終回です。
 スーパーノヴァ砲の発射を阻止できるのか!

               <第二十話 ホーム 第二十二話>
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

« 第二十二話 スーパーノヴァ戦役  |  動物病院! »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。