07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

レゴ作品集第一弾! 

このブログの中心的存在「レゴ作品集」です。
ここでは、今まで作ったレゴ作品の写真、解説をします。
まだまだ腕は未熟だと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

今日はかなり前に作ったロボットを紹介します。長ったらしい機体説明が書いてありますが、
読むのが面倒な人はスルーしてください。


   ブレイズガンナー

ブレイズガンナーブレイズガンナー

  
  スペック
 全高 10・2m
 重量 21・4t
 武装 腕部ビーム砲
     誘導式エネルギー砲
     ビームランチャー

  
  機体説明
 戦闘用高機動ロボ開発をさきがけて開発された機体。その後、陸軍で正式採用され、量産が進められていた。
 初期型のため、今世代の機体と比べると性能が大幅に劣るが、この機体が現役だったころ、高い火力や
 無人機ならではの射撃精度で敵機を苦しめた。
 その活躍は多大な評価を受け、この機体の発展型のブレイズガンナーⅡは現在でも陸軍で活躍している。

  
  ダブルオーの一言
 この機体はかなり前に作ったやつです。アーマード・コアというゲームで出てきた逆関節の機体
 を見て、「ロボット作りたいな。」と思ったのが作ったきっかけです。
 まだ今ほどロボ作りに慣れていないときに作ったものなので色もぐちゃぐちゃです。パーツもあまりありませんでした。
 そういえばこの機体、バックパックの換装ができるんです。オールレンジ攻撃ができるパック、
 長距離砲撃ができるパック、そして写真の高機動型パックです。
 現在はこの機体はブレイズガンナーⅡに改造されました。


  G-フライヤー

G-フライヤーG-フライヤー バック

  スペック
 全高 23・1m
 重量 68・9t
 武装 ハイパービームライフル
     ビームサーベル
     胸部バルカン砲
     対空ビームガトリング

  
  機体説明
 ブレイズガンナーによってもたらされた戦闘ロボの実線データを利用して開発された超大型の飛行試験型ロボ。 後に開発されるMTU(Mobile tactical unitの略 つまり、戦術機動兵器のこと)の試作型である。
 次世代主力量産機開発計画の「G計画」によって開発されたが、コストがかかりすぎて量産化されなかった。
 武装は、戦艦を一撃で貫通する大型のビームライフルと、高出力のビームサーベル、対空防御用のバルカンなどである。
 配備数が一機のため、目立った戦果は挙げられずに解体され、データだけが後の機体に生かされる事となった。


  ダブルオーの一言
 このデカい機体をどうやって飛ばすのかな?
 この機体もブレイズガンナーと同じ時期に作りました。
 とりあえずだいたいの色はそろえたんですが、可動範囲などを重視した結果、とても大型化しました。
 デザインもイマイチ。よって、ウニラにつけられたあだ名は「赤いクO」
 そして赤いOソことG-フライヤーは歴史的な失敗作として後世に受け継がれていくのでした・・・(爆)。
 当然ながら現在は解体しました。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

« 記念すべき最初の日記!  |  ブログ紹介 (続) »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。