04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

重大発表? 

重大発表?です。
イマ乃イノマが小説やるという報告を見たら、僕もやりたくなったって事は前にお知らせしたと思います。
そして、遂にはじめることにしました!←地球防衛軍の小説は?
           
題名は「不死鳥の宇宙(そら) Exceed The Infinity」です。
ジブリっぽい名前ですね。後ろのExceed The Infinityを抜けば。
なぜこの題名になったのかは物語の核心に触れるのでここでは言いません。
最近書いている太陽フレアと、それが原因で発生した戦争に関してです。
基本シリアスで行きます。
主人公はもちろんルディ・カーティス。
前半の主役機は「イクシード」、後半の主役機は「ストライクイクシード」です。
ただひとつ、問題なのは、太陽フレア関係を書いているときはまだ小説なんてやるとは思っていませんでした。
なので、核心部分に少しだけ触れた事を書いてしまっています。
まあそこは許してください。

とりあえず今日は序盤の登場人物紹介だけ書きます。

  登場人物(超人類組織エターナル)
  
  ・ルディ・カーティス
   グラードル合衆国生まれの超人類。
   彼が12歳の頃、彼が住んでいる、グラードルシティの郊外「アービントン」が超人類狩りのテロに巻き込まれる。
   そのときに両親は行方不明になり、ルディと弟のリオは命からがら「エターナル」のミランダに救出された。
   その後、ルディとリオはエターナルの母艦「エスペランサ」に保護され、後に始まる泥沼の戦争に巻き込まれていくのであった。


 ・リオ・カーティス
   グラードル合衆国生まれの超人類。
   ルディより1歳下の弟。
   ルディと同じようにテロに巻き込まれ、リオたちを保護したエターナルと行動を共にする。
   高い狙撃能力を持ち、その能力を生かして数々の戦果を挙げることになる。


 ・アルバート・バルツァー
   超人類組織エターナルを総括する男。
   人類史上2番目に誕生した超人類で、アマテラス・バルツァーの弟である。
   エターナルのトップであるため、その唯一の軍艦エスペランサの艦長でもある。
   真面目な性格で、部下からの信頼も厚い。


 ・ミランダ・アーチャー
   エターナルの大型飛空挺、エスペランサのMTU部隊総隊長を務める女。
   リーダーシップを発揮し、MTU部隊を指揮している。
   指揮力だけでなくMTUの操縦技術も高く、エースパイロットとなっている。
   超人類狩りのテロのとき、偶然アービントンに居合わせ、襲われたルディとリオを救出し、エスペランサに連れ帰った。
   その後、彼のMTU操縦技術の高さを見て、封印されていた機体「イクシード」を彼に託す決断をした。


 ・ライナス・アーネット
   エスペランサのMTU部隊の副隊長を務めるエースパイロット。
   普段は明るい性格でムードメーカー的な役割を果たすが、戦闘になるとエスペランサと仲間を守るために全力で戦う。
   愛機は自分用に改造した「ヘリオス」。


  登場人物(超人類組織アマテラス)

  ・アマテラス・バルツァー
   超人類組織「アマテラス」を指揮する男。
   人類史上最初の超人類であり、アルバート・バルツァーの兄である。
   小惑星(準惑星)ケレスを拠点にして、超人類組織アマテラスを強大な軍事組織にした張本人。
   威厳ある態度でアマテラスを指揮し、部下にも恐れられているほどの男。


  ・カイザー・ヘルマン
   アマテラスで一番のMTU操縦技術を持つといわれる超人類。
   アマテラスが地球圏に宣戦布告してからは、純白の機体「ゲイザー」を駆り、国連軍やエターナルを苦しめた。
   最強のライバルとしてルディの前に立ちはだかる。


  登場人物(国連軍)
  ・ラザール・アロン
   国連軍に試験的に改造され、強化人間になったフランス人。
   戦うためだけに生み出されたため、戦闘能力は超人類に勝るとも劣らない。
   遠隔操作無人砲塔「サブバレル」を搭載した彼の専用機「フランジュ」に搭乗し、ルディたちを苦しめる。


  登場人物(ネルティア軍)
  ・シヴァ・ジェラーニエ
   ネルティア育ちの常人類。
   過去に、超人類であった母親を超人類狩りのテロで失っている。
   それがきっかけで軍に入り、泥沼の戦いに巻き込まれることになった。
   二重人格で、彼の中にはもうひとりの彼「アターカ・ラズルシャーチ」が眠っている。
   ウニラが使っている主人公で、ダブルオーが無断で使用した。
   不死鳥の空にゲスト出演しているわけではなく、ちゃんとした登場人物である。


  ダブルオーの一言
 登場人物結構いましたね。ルディとリオは過去の記事で詳しく説明してあります。
 シヴァに関してははレゴバカを見てください。
 アスカ国のトルカ・ケツァルという人もいるんですが(イマ乃イノマのブログに書いてある)、そっちはイマ乃イノマと相談してから書きます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

« 機体説明  |  リオ・カーティス »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。