09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

MISSION-1 マップを作ってみよう! 

 MISSION-1 マップを作ってみよう!
本題の前に、この講座に登場する人物の紹介です。

夕一先生夕一先生・・・ウディタのサンプルゲームのニワトリさん。
           この講座ではなぜか先生をやっている。
           カタカナ読みで「たー」じゃなくて漢字よみで「ゆういち」だよ。

ダブルオーダブルオー・・・学校の文化祭のときのゲームにゲスト出演したキャラクター。
            ご存知の通り僕の分身のキャラクター。
            ちなみに文化祭のときのゲームには全部員の分身キャラクターが出演している。


 はいじゃあ本題に入りましょう。
FaceGraphic_Yuichi.png「今回はマップの作り方を紹介しまぁす」
OO.png「(ニワトリがしゃべった!?)先生、マップとはなんですか?」

はい、マップとは街や森やダンジョンのような、キャラクターが行動するフィールドのことです。
戦闘などのゲームシステムがゲームの「中身」だとしたら、マップはゲームの「見た目」ということですね。
結構重要なところです。
このマップの作り方によってゲームの世界観が大きく変わります。


ウディタでは、マップはマップチップと呼ばれる四角いチップを組み合わせて作ります。


WOLF RPGエディターのファイルから青紫色の「Editor.exe」を起動してみてください。
初期画面
こんな感じの画面が表示されたと思います。
ウィンドウの色が違うとかそういうのは気にしなくていいです。
なんか真っ黒ですねぇ。
手前に表示されているちっちゃいウインドウを見てください。
この「マップ選択」ウィンドウで、編集するマップを切り替えます。
また、上の画像で丸く囲ってある「MAP」と書いてあるところを押せば、マップ選択ウィンドウの表示・非表示を切り替えられます
マップを作るときに邪魔なときもあるので、そう言うときは非表示にしておくといいと思います。

今はサンプルゲームのデータが入っているので、マップを切り替えると見覚えのあるサンプルゲームのマップが入っています。


では次に、新しくマップを作ってみましょう。
マップの新規作成
①と書いてある丸のところをクリックすると、「マップの新規作成ウィンドウ」が開きます。


ちなみに、マップの新規作成ウィンドウの右隣にあるマークを押すと、編集中のマップを保存することができます
編集中はこまめに保存することをおすすめします!


マップの新規作成のほうに話を戻します。
マップの新規作成ウィンドウについて、今回は3つ説明します。

・まず画像の②の丸の部分
「マップファイル名」といいます。
これは作成したマップをファイルに保存するときの名前を決めることができます。
が、ここはあんまり気にしなくていいと思います。

・次に画像の③の丸の部分
「マップサイズ」といいます。
ここで、作成するマップの縦と横のサイズを決めます。
広大なワールドマップを作ったりするときはここの数字を大きくする必要があります。

・その次、画像の④の部分
「登録名」といいます。
ここに入力したマップ名が、マップ選択ウィンドウに表示されるマップ名になります。
編集するマップが分からなくならないように、分かりやすい名前をつけておくといいです。


③と④の部分はあとからでも編集が可能です。
それではいよいよ新しいマップを作ってみましょう。
とりあえず、マップファイル名と登録名は「街」、マップサイズはデフォルトの縦20、横15のままで作成します。
新規作成の設定が終わったら、下のOKボタンを押してください。


ウディタのマップは、3枚の層で作られています。
これを下から「レイヤー1」「レイヤー2」「レイヤー3」と呼びます。
レイヤーにマップチップの並べて、マップを作っていきます。
画像で表すとこんな感じ
レイヤー
各レイヤーは主にこんなものを描く用途で使われます。

レイヤー1・・・草原・道路・床などの地面
レイヤー2・・・建物の壁・木・机など
レイヤー3・・・壁についている窓・机の上に置いてある本など、レイヤー2の上に描く必要があるもの


それでは実際にマップを描いてみます。
描くレイヤーの変更は保存マークの横にある1,2,3の数字をクリックしてください。
数字をクリックすると使用できるマップチップが描かれたウィンドウが表示されます。
そこから使用するマップチップをクリックし、絵を描く感じでマップを描いていきます。
マップを描く

消しゴムの代わり
間違えてしまったら、マップチップの一番右上の黒いヤツを選んでこれで消してください。


レイヤー1描いてます
レイヤー1で地面を描き・・・

レイヤー2描いてます
レイヤー2で建物、木などを描き・・・

レイヤー3描いてます
レイヤー3でいろいろ装飾品を描きます。

完成!
はい完成。
あれ?自分的にはもうちょっとうまく描いているつもりだったんだけどなぁ・・・
絵心の無さは困ります。

完成したマップを見るときは上の画像で赤く囲ってあるところをクリックして見るとゲーム画面と同じ色で見れます。
このボタンの本来の機能とは違いますが・・・。


ダブルオー「あれ?マップはできたけど人いなくね?」

夕一先生「その通りです。これでは人がいません。次回は、人の作り方・・・というより会話イベントの作り方をやります」
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | コメント: 2

« MISSION-2 会話イベント&選択肢を作ろう!  |  MISSION-0 いざウディタの世界へ! »

コメント

よくこれ書く暇があったな。

ザ・ウニラ #- | URL | 2013/04/06 20:22 * edit *

Re: タイトルなし

熱意が違うのだよ熱意が!

ダブルオー #- | URL | 2013/04/07 15:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。