06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

NFX-202 アークツルス 

 NFX-202 アークツルス(実験機段階)
NFX-202 アークツルス

  スペック
 全高 10・6m
 重量 15・2t
 武装 掃討用ENバルカン
 装備 粒子フィールド発生装置

  機体解説
 ネクストホライズン社によって製造された実験機。
 小型対消滅炉の搭載実験のために開発された機体で、対消滅炉の莫大なジェネレーター出力が特徴。
 また、プラズマ推進型ブースター”ヴァシミール”や新型粒子フィールドなど他にも数々の実験装備が実装されている。
 基本構造はクレイドル軍のイクスシードを基にしているが、各所に大幅な改良が見られる。
 実験機のため、固定武装はENバルカンのみである。

  適正地形
 ・空中(高度低~高度高)
 ・成層圏
 ・平野(歩行は不可)
 ・荒野(歩行は不可)
 ・砂漠(歩行は不可)
 ・(大気圏突入可能)
 ・宇宙空間
 ・宇宙施設内
 ・月重力圏
 ・月面
 ・木星重力圏(理論上)

  ダブルオーの一言
 懐かしいなぁ、白と青の機体。
 少し前の傑作だったストライクイクシードを思い出します。
 基本構造は前に作ったイクスシードとほとんど同じです。
 各所をいじってバックパックを改造して色変えて終了!って感じでした。

アークツルス バック
  バックパック
 プラズマを使用する電気推進”ヴァシミール”を搭載しているバックパック。
 四本の突起物の中にはプラズマの燃料となる液化アルゴンが満載してある。
 また、バックパックの中心部には小型対消滅炉も搭載されている。

肩装備
  肩装備
 唯一の固定武装であるENバルカン(写真の双眼鏡の部分)と粒子フィールド発生装置(双眼鏡の下の丸いやつ)が搭載されている。
 粒子フィールドはイクスシードのものと違って攻撃にも転用できる。
 フィールドの粒子を前面に一斉開放し、高威力のエネルギー波を射出する”フィールドランサー”
 フィールドの粒子を辺り一面に一斉放射し、眩い光でセンサー類を麻痺させる”フィールドフラッシュ”


 NFX-202 アークツルス(配備型)
アークツルス(配備型)

  スペック
 (アークツルス実験機段階と同じなため、全高・重量は省略)
 武装 APT-12〔NF〕2連式プラズマ突撃銃
     掃討用ENバルカン
     アサルトランチャー”リヴァリス”
     腹部小型プラズマランチャー
     腕部プラズマエッジ
 装備 粒子フィールド発生装置

  機体解説
 数々の実験を終了し、ネクストホライズン社の企業軍に配備されたアークツルス。
 配備段階で武装が施され、各部に高いEN供給量を生かした高出力武装を装備する。
 現在はネクストホライズン社の本社があるスペースコロニー”コスモス”に配備されている。

  ダブルオーの一言
 武装しました。ただそれだけ。

アークツルス(配備型)

バックパック

APT-12〔NH〕
  APT-12〔NH〕2連式プラズマ突撃銃
 イクスシードが装備しているAPT-12式を改造したもの。
 ランチャーは廃されているが、突撃銃のバレルが2連式になっている。

アサルトランチャー”リヴァリス”
  アサルトランチャー”リヴァリス”
 アークツルスの肩に装備されている大型プラズマ砲。
 対消滅炉から供給される莫大なエネルギーにより、高い威力を持つ。
”リヴァリス”発射態勢

腹部小型プラズマ砲
  腹部小型プラズマ砲
 アークツルスのわき腹?に装備されている小型のプラズマ砲。
 ごく標準的な威力を持ち、他の武装が破壊されたとき等の非常時によく使用される。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

« 爆弾低気圧  |  すげー »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。