08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

設定 その他 

昨日書ききれなかった分の設定を書いておきます。

  MTUとは
 レゴ作品集の機体説明でよく出てくる「MTU」とは何かを説明しておきます。
 MTUとは、Mobile Tactical Unit のの頭文字をとって作った言葉です。
 日本語にすると、戦術機動兵器って感じです。
 ガンダムだとモビルスーツみたいな、一般的には戦闘用ロボットと呼ばれるものです。
 結構簡単そうに思えますが、MTUにも基準があり、その基準を満たさなければMTUとは認められません。
 では、その基準を紹介していきます。

  ・足があり、人型であること
  ・空中戦闘が可能であること(追加パーツをつけることで飛行可能になる場合、MTUには含めない)
  ・宇宙戦闘が可能であること
  ・戦闘用であること
  ・全高6m以上12m以内であること

 この五つです。この五つの基準すべてを満たせばMTUと認定されます。
 以前紹介したGX-Fという機体がこの基準を満たしているか確認してみましょう。
                     GX-F
 これがGX-Fです。足があり、人型であるため、一つ目の基準は満たしています。
 次の基準は、「空中戦闘が可能であること」です。GX-Fは、各所にスラスターが配置されていて、軽量化もされているため、単独で飛行し、十分に戦闘が行えます。
 三つ目の基準は「宇宙戦闘が可能であること」です。本来、この機体は宇宙軍の主力機として開発されたため、当然ながら宇宙戦闘は可能です。
 四つ目は「戦闘用であること」です。GX-Fは、言うまでも無く武装しており、戦闘用です。
 最後は「全高6m以上12m以内であること」です。GX-Fの全高は6・6mなので、この基準も満たしています。
 よって、GX-Fはすべての基準を満たしているため、MTUとして認定されいます。

 じゃあ今度はウニラが作った機体「ジュネス」を勝手に鑑定します。
 「足があり、人型であること」 まあ見た目からして人型です。
 「空中戦闘が可能であること」 聞いた話によると「ジュネス」も飛行できるらしいです。
 「宇宙戦闘が可能であること」 多分できます。
 「戦闘用であること」 言うまでも無く。
 「全高6m以上12m以内であること」 うーん、おしい。「ジュネス」の全高は15mなのでこれだけ満たせません。
 「ジュネス」はこんな感じです。
 ここでひとつ補足です。ブレイズガンナーの発展型「ブレイズガンナーⅡ」(数日後に公開します)も基準をひとつ満たせていません。
 このように基準をひとつだけ満たせていない場合、MTUの下級クラスの「B級MTU」という位になります。
 外国の機体でも基準を満たしていればグラードル軍ではMTUやB級MTUと呼ばれます。
 
 B級MTUという位はどのようにできたか説明します。
 簡単に説明すると、ブレイズガンナーⅡを作った会社が(強引に)作ったのです。
 高い性能を持つMTUの開発を求めているグラードル合衆国軍に対し、高い評価を受けたブレイズガンナーの発展型を売り込もうとしたこの会社のライバル会社は「ブレイザー」を開発した会社です。
 ブレイザーとブレイズガンナーⅡで採用試験を行うことになりました。ブレイザーは五つの基準を満たしたMTU、ブレイザーは基準をひとつだけ満たせなかった機体です。
 MTUを欲しがっていたグラードル軍はブレイザーを支持していました。
 そこで、ブレイズガンナーⅡの会社がブレイザーに対抗するためにB級MTUという位を作りました。
 
 結局、ブレイザーは宇宙軍、ブレイズガンナーⅡは陸軍に採用されるという結果になりました。
 その後も、水中戦用など、さまざまなB級MTUが作られることとなりました。

  ダブルオーの一言
 まーた長くなっちゃった。まあいっか。次はグラードル合衆国について書きます。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

« グラードル合衆国  |  レゴ世界の設定 »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。