09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

超人類について 

ちょっと前に「超人類組織」って題名で、超人類について記事を書いたんですが、ちょっと書き忘れていたので追加です。

  超人類と常人類(超人類に進化する前の人類。ホモ・サピエンス)の違い
 超人類と常人類の違いはどのようなところなのか説明します。

   超人類だけが持っている能力
 ・第七感といわれている、生物の脳波を感知する能力(気配を感じる能力が高い。←常人類にも少しあるかも)
 ・覚醒現象「インフィニティ」
 ・特殊能力「マインド・フォース」
 
   常人類にもあるが、それよりはるかに優れている能力  ストライクイクシードに搭載されているシステム 
 ・視力
 ・聴力
 ・筋力
 ・反射神経
 ・頭脳(そもそも脳の構造が少し違う)
 ・身体回復能力
 ・寿命(平均100歳程度)
 ・耐G能力
 ・気圧の変化に対応する能力(宇宙生活に対応するため。成層圏から落下しても耳が痛くならないらしい)
 ・耐放射線能力(宇宙生活に対応するため)
 ・第六感である勘


  覚醒現象「インフィニティ」
 「インフィニティ」とは、超人類が持つ特殊な能力です。気力が最大になったり、ブチギレたりすると発動します。
 ほとんどの場合が「マインド・フォース」(後述)を使う能力や、各種身体能力が上がります。
 常人類の場合、普段使っている力は最大の30%ほどらしいですが、インフィニティを発動したときは最大の80%ぐらい使えます。そのため、効果が切れるとぐったり。ひどいと気絶します。
 無限の可能性を持つからこの名前がつけられました。

  「インフィニティ」を超えた覚醒現象「イクシード・ジ・インフィニティ」
 各国の科学者によると、超人類はまだ完全な状態ではないようです。このまま順調に進化が続けば、「超人類を超える超人類」が出現するかもしれません。
 超人類の完成体は、当然ながら「インフィニティ」を超えた能力を持つといわれています。これが「イクシード・ジ・インフィニティ」です。日本語に訳すと「無限を超える」です。
 アマテラス・バルツァーによると「イクシード・ジ・インフィニティの最大覚醒と、『アレ』があれば人類の道は開ける。」だそうです。この言葉が何を意味するかはまだわかっていません。
 いまのところ「超人類を超えた超人類」はまだ発見されていません。しかし・・・。

                      
  特殊能力「マインド・フォース」
 超人類だけが持つ能力「マインド・フォース」とは、「意思の力」です。
 超人類の発する強力な意思の脳波が、空間に存在する様々なエネルギーを操り、通常はありえない現象が起こります。簡単に言えば魔法です。←ちょっと違う
 進化の途中である超人類は、まだ自由に静電気を作るぐらいしかできませんが、超人類の完成体はもっとすごいこともできるといわれています。


  ダブルオーの一言
 イマ乃イノマが小説始めるっぽいので、こっちもなんかやりたくなってきました。
 どうも説明がうまくできません。文章もちょっとおかしいところがあるかも。
 
 五感のなかで進化しているのは視覚と聴覚だけです。味覚や嗅覚などはあまり変わりません。
 だから料理がうまかったり、屁こいたらすぐバレたりすることはありません。←でもバレたら「マインド・フォース」で静電気の嵐起こされます。よく屁をこくウニラ君、ご注意を。

 アマテラス・バルツァーの『アレ』とは・・・まだ秘密です。答えはこのページのどこかにあります。(見つかったらすごい!)
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | コメント: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。